読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

残すことと見つけたり

見たり聞いたりしたコンテンツを覚えておくための、備忘録ブログです

シン・ゴジラ 発声可能上映会-舞台挨拶中継もあるよ!-

 

世間で話題の「シン・ゴジラ
私は昭和生まれなのでゴジラと共に育ってます…が、「ゴジラって、実はいいやつなんだけど見た目で損してて心を通わす子供とだけ思いが通じあって、その子供のために地球を滅ぼそうとする悪い怪獣と戦って勝つけど死ぬ」というイメージしかありません。なんか途中でゴジラや怪獣を倒すために自衛隊とか出てくるけど倒されるよなー、ドラえもん映画の方がおもしろかったよなー。ゴジラっておもしろかったっけ?くらいの印象。

※85年~95年くらいのゴジラ作品のイメージを列挙したつもりだけど、恐らくゴジラ以外の特撮が色々混じって「んなゴジラなかったわ!」ってツッコミが入ると思われます。それくらい私の中の印象は薄かった。

今回のゴジラは本当に怖くて、それに「それでもこの国の未来を、人々を守るために」と曲者ぞろいとはいえ公務員が立ち上がり、首の皮一枚でゴジラの活動が停止した様子は本当にドキドキしたしおもしろかった。作品レビューはあちこちにあるからもうそちらにお任せします。

沸き立つ世間に答えようと、発声可能上映会というものが時々開催されています。

コスプレOK!サイリウムOK!声出しOK!みんなで思うままゴジラを楽しもう!

というもの。

……なんか聞いたことあるな??

 

キングブレードX10II シャイニング

キングブレードX10II シャイニング

 

 キンプリおうえん上映で買ってからすごい使ってます、これ…。

過去二回開催されてるけどすべて東京の映画館のみ。けれど2016年9月15日に開催された発声可能上映会は全国の映画館で舞台挨拶中継もある!!東京に行かなくても楽しめる!!
というわけで映画のチケットを取りました。三宮で

※このブログ筆者は滋賀在住

だって京都も梅田もチケット取れなかったんだもん…!

チケットを取れたのはいいけどコスプレとか準備して持っていくのが大変、尾頭さんなら出来る?と思ったけどスーツ持ってないし買いに行く時間も髪型を作る時間もないし…というわけでパンツスーツにこういうのを付ける方向で行きました。

 

尾頭さんの下で働く臨時職員。多分データ入力とかメールのやり取りとか電話応対としかしてます。もちろん映画には出てこないしこんな名札ないんですけど。その辺雰囲気雰囲気。

各省庁のロゴマークは公式サイトにあるし、役職名等はネットやパンフで調べたら出てくるはずなのでみんなで好きな人の部下になろうぜ!(・∀・)

なお、「臨時職員」の部分を本名にしたバージョンをつけてたら「こんな役名の人いたっけ…?」って顔をされたので五分でやめました。

「なんで環境省じゃないの?」って厚生労働省の本物の職員さんに突っ込まれたときはびっくりした。

会場はゴジラや戦車のコスプレもいました。あと東京消防庁や防護服も確認。

男性は普段着orスーツ、女性はスーツorZARAっぽい女性が多かったですね。

三宮では「ZARAはどこ?」のセリフに対して\センター街!/というレスポンスが…w全国の映画館で「最寄りのZARA」を紹介してたみたいですね… 滋賀だとどこか思わず検索した。ピエリだった。

シアターに入場してさあペンライトの用意だ、と思ったらあれなんか調子悪いな…あ、電池なくなりかけてんのか替えよう。予告編の間に電池変えとくかーと思ったらCMから既に発声してるっていうか\セブン・イレブンありがとー!/って言ってるし。

……やっぱり見たことあるな、この景色

映画は始まった途端\グローリー丸ー!/\前田敦子おお!!/と、テロップが、役者が、映る度に発声。

最初の会議なんかずっと誰か叫んでるしセリフ聞き取れない。

……もうこれキンプリおうえん上映じゃねえか!!!

 

 

もうこの乗り知ってるわ!!と名前呼びまくり。ちなみに名前を呼ぶので一番盛り上がったのは、もちろん尾頭ヒロミ初登場でした。予想はしてた。

その後も自衛隊護衛艦の名前、戦車の名前、官僚の名前…とにかく叫ぶ叫ぶ。みんな何回見てるんだよ!!

ゴジラ第二形態が出現した時は\蒲田くんかわいい!!!/マンションにぶつかって止まり、足が生えて進化をした時は\あんよが上手!/

と、謎のノリ。第二形態愛されてんなー…

ペンライトはゴジラが暴れる場面→赤
自衛隊ゴジラに対抗する場面→緑
熱線放射場面→紫
と統一されてました。……これ、なんか指定あったっけ…?

ゴジラと熱線放射は全国統一されてた様子ですが(というか他に考えられないし)、自衛隊が活躍する場面は会場によっては色が変わってたみたい。

とはいえずっと叫んでたりセリフを一緒に言ってるわけではなく、後半の方は静かな場面のほうが多かった気がします。演説場面は黙ってる。これもキンプリの「みなさんに言いたいことがありまーす!」のノリだ…

最後は大事なところは黙りつつ自衛隊を、巨災対を応援する。もう叫んだりサイリウム振ったりするのに忙しくてどこで何をやってたのかは覚えてません…
伊福部昭の音楽に合わせて手拍子をするのは本当に楽しかったです。あの場にいられて良かった。

 

シン・ゴジラ音楽集

シン・ゴジラ音楽集

 

 

エンドロールでは庵野秀明!/\三回目ー!/庵野秀明カウントがあったけど、ほんとなにもかもに庵野監督の名前があってすごかった…

舞台挨拶は泉(松尾諭)、尾頭(市川実日子)、安田(高橋一生)、庵野監督、の四人。安田が登場したら「やぁ!!安田!!!」とすごいテンションの女性がいたけど大丈夫だったんでしょうか…萌え死んでたけどあの人…

全国で中継されてる!とあちこちの地名が呼ばれ、「神戸ー!」と呼ばれた時は三宮大盛り上がりでした。途中でストップがかからなかったら全国呼ばれたんだろうか、あれ…

なんだかきわどい質問がありつつも次回作を期待…?と思ってたら「いないものに期待するな!!!」

まさかの矢口蘭堂(長谷川博己)登場ーーー!!!!

パニックになる松尾さんに長谷川さんが「まずは君が落ち着け!」と水ドン返しを行ったあと、「みなさん!矢口です!」と、矢口らしからぬ爽やかな笑顔がカメラに!!!ぎゃあああ!!!!!

あんな笑顔向けられたら投票するわ!!!!

市川さんはかわいいし綺麗だし高橋くんはかわいいし松尾さんはほんと泉ちゃんだし庵野監督はかわいいし長谷川さんが素敵すぎるし「ああ、発声可能上映会に来てよかった!!と思えました。

帰りはこっそり置かれた折り鶴にびっくり。ミント神戸サプライズなパネル展示も!

 

 まさに個体分裂し、有翼となって大陸間を飛翔する前触れなコラージュ…(爆笑)

観客は映画スタッフや役者はもちろん、映画館の尽力があってこそ映画を楽しめるんだと気づいた上映会でした。

終電で帰ることになったし次の日仕事だったけど大丈夫だ!!!

 

嘘です、結構つらかった。

 

ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ

ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ

 

 発売延期したけどその分クオリティが上がってると思ってます。